サポート情報

Q&A 省配線機器ユニライン

ユニワイヤを使用しているが、現在も購入できますか?
現在「ユニワイヤ」は名称を変更し「ユニライン」として販売しております。
生産中止になっているかどうかは 生産中止品一覧 のページで確認できます。
ユニラインの型式の末尾に「-S」などの記号が付いている。
この記号の意味は何か? 標準仕様のものと混在できないのか?
末尾の記号は仕様分類を表す型番となります。下記の表をご確認ください。
一覧にない仕様分類表記に関しては特殊型番となりますので都度お問い合わせください。

●仕様選択
仕様 点数/距離によるユニット仕様分類
基本仕様 S仕様 Z12仕様 C仕様 M仕様 Z58仕様
入出力点数 128 128 128 256 256 256
伝送距離(m) 200 500 1000 200 500 1000
伝送速度(kbps) 29.4 14.7 7.35 29.4 14.7 7.35

注)機種により例外があります。

末尾に「-S」などの仕様分類を現す型番が付いたユニットと、標準仕様のユニットを混在することはできるか?
標準品との混在はできません。
同じ仕様分類の記号の付いたユニットで構成する必要があります。
H機能とはなんですか?
断線検知機能です。
H無しの端末で構成していたラインのマスターをMQに変更したい。
端末は流用できるか?
可能です。
ただしエンドユニットをED-120からED-H2へ交換してください。
配線時、分岐の制限はありますか?
分岐に制限はございません。
端子台などの一般方法で分岐できます。
センサーターミナル、パワーターミナルの取り付け方向に制限があるのか。
制限はありません。
推奨する方向は、端子台が正面下側に向く向きです。

PAGE TOPNEXT

ユニライン(ユニワイヤ対応)ターミナルユニットアドレス設定

アドレスって何ですか?
ユニライン(ユニワイヤ対応)でのアドレスの意味は、コントローラ側(PLC)の信号と端末側(入出力機器)の信号の発信先と受信先を結びつけるためのそれぞれの番地を設定することです。つまり、PLCに接続した、PLCコネクタの入出力アドレス番号とターミナルユニットの入出力アドレス番号との対応をとるため、ターミナルユニット側でアドレスの設定を行うのです。
アドレスはどのようにして設定しますか?
アドレス番号の設定は、各端末ユニットの上面に設けられたディップスイッチのON/OFFの設定により、行います。各ディップスイッチは重みを持っており、各重みの合計がそのユニットの入出力点の先頭アドレスとなります。例えば、ディップスイッチの2と4をONにすれば、そのユニットのアドレスは6となります。

PAGE TOPNEXT

アドレス設定とID

IDとは何ですか?
H機能(断線位置検知機能)では、各ユニットのID番号設定が必要です。ID番号(識別番号)はアドレス番号とは本来異なるものですが、IDはアドレスと同じ設定と考えてください。ただし、入力用ターミナルユニットについてはIDを±1変えることができます。これは重複したIDのある場合に両方のユニットの存在を登録することにより、断線検知を可能にするもので、これを「セカンド設定(ID)」といいます。

PAGE TOPNEXT

連結タイプユニットのアドレス設定

連結して使うタイプのユニットのアドレスはどのようにして設定しますか?
ST-04□センサターミナル、PT-04□パワーターミナルなどのアドレス設定機能のないユニットは、AD-(H)120アドレスユニットにより設定を行います。アドレスユニットに設定されたアドレスに続いてSTやPTのターミナルユニットにアドレスが割り振られます。

PAGE TOPNEXT

カスケードユニット群(Kシリーズ)のアドレス設定

カスケードユニットのアドレスはどのようにして設定しますか?
カスケードユニットのアドレス設定は、AK-120のアドレススイッチの設定スイッチにより、設定を行います。SK-1/2、PK-1/2のアドレスは自動的に割り付けられます。

PAGE TOPNEXT

ベースユニット群(Fシリーズ)のアドレス設定

ベースユニットのアドレス設定はどのように行いますか?
アドレスの設定は、Fシリーズのマスタユニットとサブマスタユニットのアドレス設定スイッチにて行います。それらのユニットで設定されたアドレスは、それ自身の上位に搭載される4点(4チャンネル分)のセンサアンプなどの入出力ユニットのアドレス番号とマスタ、サブマスタに連結されたベースユニットの各4点のアドレス番号を自動的に連続番号として、割り付けることができます。

PAGE TOPNEXT

モジュールのアドレス設定

モジュールはどのようにアドレス設定しますか?
ユニモジュールにはアドレス設定信号入力端子があります。ディップスイッチなどのスイッチとこれら端子を接続し、アドレス設定を行います。(アドレス用ディップスイッチ、モジュール搭載基板などはお客様でご用意願います。)

PAGE TOPNEXT

スイッチAについて

ディップスイッチに「A」というのがありますが、これは何を表しますか?
ユニットにより異なりますが、予備のスイッチである場合とアドレス128の設定スイッチである場合とがございます。詳しくは取扱説明書に記載がございますので、各ユニットの取扱説明書をご覧ください。

PAGE TOPNEXT

スイッチBについて

ディップスイッチに「B」というのがありますが、これは何を表しますか?
ユニットにより異なりますが、セカンドID用である場合と、ホールドリセット選択用である場合と、予備である場合とがございます。各ユニットの取扱説明書をご覧ください。(セカンドID用はHシステム用ユニットのみ。かつ、入力ユニットのみ。ホールドリセット選択用は出力ユニットのみとなります。)

PAGE TOPNEXT

入力用と出力用アドレスの重複について

出力ユニット1台と入力ターミナル2台のアドレスの重複はできるか?
出力ユニット1台に対しては、入力ユニットは1台までしか同アドレスに設定できません。

PAGE TOPNEXT

入力用と他の入力用アドレスの重複について

入力ユニット同士を同じアドレスに設定できますか?
両方の入力用ターミナルユニットの入力信号がORとなり、両方のONがセンドユニットに同じアドレスの信号として伝送されます。H機能付ターミナルユニットではIDが重なっていると、断線検知ができない場合があるので、どちらかの入力用ターミナルユニットをセカンドIDにする必要があります。ただし、3台以上同じアドレスに設定すると、伝送異常となる場合がありますので、3台以上は同じアドレスにしないでください。

PAGE TOPNEXT

出力用と他の出力用アドレスの重複について

出力ユニット同士を同じアドレスに設定できますか?
出力ユニットの同アドレスの設定は2台までの制限があります。また、出力ユニットにはセカンドIDスイッチがなく、センドユニットは[同じアドレス=1台]と認識しますので、断線検知機能は働きません。ご了承ください。

PAGE TOPNEXT

CC-Link対応ユニゲートウェイ:SDD-CC1A

CC-Linkマスタに接続できる台数は?
PLCにより異なります。Aシリーズ用のCC-LinkマスタAJ61BT11やA1SJ61BT11の場合で最大16台です。
SDD-CC1AのI/O点数は?
入力128点、出力128点です。ただし入出力それぞれ16点ずつシステム領域として使用するため実使用可能点数は各112点ずつです。
占有点数は?
リモートデバイス局となり、4局占有となります。
入出力の割合は固定ですか?
固定です。
ユニライン(ユニワイヤ対応)のアドレスは入力が先で出力は後になるのか?
入力は0~111、出力は128~239となります。
I/O割り付けについて
ユニライン(ユニワイヤ対応)のI/OはCC-Linkの局番に応じた各リモートアドレスエリアのRX,RY,RWrにそれぞれ格納されますが、CPUで扱える汎用の接点やリレー、データレジスタ、内部リレーなどに置き換えます。
パラメータの設定について
プログラム上にFROM,TO命令で書く方法と三菱電機社製のソフトで設定する方法があります。

*PLCのシリーズによってCC-Linkマスタに種類がある事とマスタやソフトのバージョンによって多少異なる場合がありますので注意が必要です。

例1:MELSEC-Q用CC-LinkマスタのバージョンによってはFROM,TO命令でパラメータ設定は出来ない。

例2:パラメータ設定をGX Developerと、FROM,TO命令の両方で設定してしまうと、 ユニライン(ユニワイヤ対応)が正しく動作しない事がある。

立ち上げ段階で、ユニライン(ユニワイヤ対応)側の表示がエラーとなっている
サイジングの未操作(CC1A本体のMONIランプ点灯)SDD-CC1Aでユニライン(ユニワイヤ対応)端末ユニットのIDを記憶させるサイジング操作を行っていない→接続しているユニライン(ユニワイヤ対応)端末ユニットのアドレス番地(ID)が正しい事を確認後、SDD-CC1A本体にあるSETボタンを3秒以上押し、SETランプが点灯することを確認(数秒後に消灯) *上記以外では、ユニライン(ユニワイヤ対応)伝送ラインの断線なども考えられます。また、MONIランプが点滅の場合も短絡や供給電源が低いなどの可能性もあります。詳しくはSDD-CC1Aの取扱説明書を参照下さい。
立ち上げ段階でCC-Link側の表示がエラーとなっている

A1:局番の誤設定(CC1A本体のERRランプ点灯)SDD-CC1A本体にある局番スイッチの設定が誤っている。

A2:局番の誤設定(CC1A本体のIN,OUTランプ点灯のまま)SDD-CC1A本体にある局番スイッチの設定が誤って0になっている。

A3:ボーレートの設定異常(CC1A本体のERRランプ点灯)SDD-CC1A本体にあるボーレート設定スイッチがエラーとなる5~Fに設定されている。

A4:ボーレートの誤設定(CC1A本体のRUN,SD,RDランプ消灯)SDD-CC1A本体にあるボーレート設定スイッチがCC-Linkマスタ側とあっていない。

*上記以外にも接続されているCC-Link通信ケーブルの断線などによるエラーも考えられます。詳しくはSDD-CC1A取扱説明書を参照下さい。

PAGE TOPNEXT

DeviceNet対応ユニゲートウェイ:SDD-DN1B

DeviceNetに接続できる台数は?
PLCやDeviceNetマスタにより異なります。オムロン製DeviceNetマスタC200H-DRM21-V1の場合、コンフィグレータ無しで5台、コンフィグレータ有りで16台です。
SDD-DN1BのI/O点数は?
入力64点、出力64点です。入力は128点、出力128点も可能ですがその場合、基本仕様SDD-DN1Bの型式の末尾に計256点+伝送距離仕様を含めた記号が必要です。仕様記号の詳細は電子製品総合カタログを参照下さい。
入出力の割合は固定か?
64点/64点または128点/128点のいずれか固定です。
I/Oサイズを点数で設定する場合、点数はいくらか?
I/Oサイズ10は80点、I/Oサイズ18は144点になります。
ユニライン(ユニワイヤ対応)のアドレスは入力が先で出力は後になるのか?
入力は0~111、出力は128~239となります。
立ち上げ段階で、ユニライン(ユニワイヤ対応)側の表示がエラーとなっている
サイジングの未操作(DN1B本体のERRランプ点灯) SDD-DN1Bでユニライン(ユニワイヤ対応)端末ユニットのIDを記憶させるサイジング操作を行っていない→接続しているユニライン(ユニワイヤ対応)端末ユニットのアドレス番地(ID)が正しい事を確認後、SDD-DN1B本体にあるSETボタンを3秒以上押し、SETランプが点灯することを確認(数秒後に消灯)

*上記以外では、ユニライン(ユニワイヤ対応)伝送ラインの断線なども考えられます。また、ERRランプが点滅の場合も短絡や供給電源が低いなどの可能性もあります。詳しくはSDD-DN1Bの取扱説明書を参照下さい。

立ち上げ段階でDeviceNet側の表示がエラーとなっている

A1:ノードアドレス重複(DN1B本体のMSランプ点灯、NSランプ点灯) スレーブのノードアドレスが他のスレーブと重複。

A2:速度の誤設定(DN1B本体のMSランプが点滅、NSランプ消灯) 速度設定スイッチの誤り。

*上記以外にも接続されているDeviceNet通信ケーブルの断線などによるエラーも考えられます。 詳しくはSDD-DN1Bの取扱説明書をご覧下さい。

PAGE TOP